【慰謝料相場】夫婦間のセックスレスで慰謝料請求する場合

MENU

【慰謝料相場】夫婦間のセックスレスで慰謝料請求する場合

夫婦の中には、セックスレスで悩んでいる方も少なくないと思います。
もしかすれば、それを理由として離婚したいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

セックスレスを原因として慰謝料は請求できますか?

カップル

慰謝料とは、「ある行為によって精神的損害を被ったことで発生した損害賠償金」です。

セックスレスというのは性交渉を拒むだけで、暴力を振るわれたり不倫をしたりしたわけではありません。
しかし、「セックスレスによって精神的損害を被った(嫌な気分になった)」と結論づけられるので、これを理由として慰謝料を請求することはできます。

 

但し、セックスレスになった期間が長期に渡ることが一つの条件となります。
これは、ケースバイケースで異なりますが、1年以上経過しているかどうかが目安となります。

 

セックスレスによる慰謝料の相場は?

一般的には、おおよそ100万円程度が慰謝料の目安となります。
但し、程度の問題もあり、その状況によって金額も変わってくるので、数十万円〜200万円くらいと見ておいてください。

 

セックスレスの証拠とは?

当然ですが、慰謝料を請求する前にきちんと証拠を揃えておくことが大切です。
示談であれば話し合いによって解決できますが、すでに夫婦関係が破綻していれば難しいでしょう。

 

示談で解決できなければ、調停や裁判に持ち込まれることになります。
裁判になれば、夫婦関係の破綻、その原因が相手にあることを立証する必要があります。
それらを証明するためにも、証拠の有無が大切です。

 

証拠となり得るもの

・性交渉を拒否されたことを記した日記やメモ(その前の日記もあれば、なお良し)
・弁護士や行政書士などの法律職の方に相談に行った履歴
・相手が性交渉を拒否していることが分かる会話の録音

 

不倫と同様、慰謝料が高めになる傾向があるもの

落ち込む

・結婚期間が長い

・子供がいる
・セックスレスになってから長期間(3年以上が目安)
・不倫相手とはセックスをしている
・相手の収入や資産が多い
・請求する側の収入や資産が多い
・相手が社会的地位の高い職業に就いている